動画・音声ツール

2020年11月1日

IT・ツール

動画をダウンロードしたり音声ファイルに変換するソフトをいくつかインストールしました。

1.FireFox Video Downloadhelper

FireFoxの拡張機能です。

動画ダウンロードのソフトは選択肢が多く、ウェブでいろいろと調べてみました。
DownThemAll!でもお世話になっているFireFoxの拡張機能が使い勝手が良さそうだと思いました。

拡張機能をインストールした後、一緒に使うコンパニオンアプリもインストールします。

無料版ではダウンロード画像の左上にQRコードが貼付されてしまうので有料版にしました。

US$とEuroどちらかの通貨でクレジットカード払いです(€18.5の方が安かったです)。

2.MPC-BE

無料で使えるメディアプレイヤーです。

動画再生速度、画面サイズなど多くの機能にショートカットでアクセスできるので助かります。

デフォルトでは再生速度を変えると音程も変化してしまいます。
表示→オプション→音声で、「音声レンダラー」を「0.MPC Audio Renderer」に変更すると速度変化に関わりなく音程が一定に保たれます。

受講感想記などで動画を「2-4倍速で」視聴すると書いている方もいらっしゃいますが、私は2倍ではほとんど聞き取ることが出来ません。通常を1.2倍、書画カメラの板書を一緒に行うときには1.0倍、飛ばせそうな箇所は1.5倍にしています。

ただし検索をしてWEB情報や画像をクリップしたり、ノートに構造式を書いたりで頻繁に動画を止めているので、「岡野の化学」に関しては速度調整はそれほど有効ではありません。

3.えこでこツール

無料の音声フォーマット変換ツールです。

MP4形式の動画ファイルをWalkmanで聞くためMP3に変換するのに使っています。

ファイルやフォルダーをドロップするだけで変換が始まるのでとても使いやすいソフトです。

MP3ファイルは128kbpsに設定しています。ファイルサイズは1/2~1/3になります。もっと低いレートでも良いのかもしれません。

「岡野の化学」以外の教材をすきま時間に聞けるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

IT機器メーカーの会社員です(営業・マーケティング職)。 退職したあとプロの特許翻訳者としてデビューするために勉強をはじめました。  2020年10月よりレバレッジ特許翻訳講座を受講しています(第10期生)。 理科の基礎知識から積み上げて、最終的には信頼される翻訳者になることが目標です。