フッ素コーティング

反応性に富むハロゲンを使った化合物の中でも多くの分野で活用されている、フッ素樹脂に関係する明細書の勉強をしています。

動画3856「フックをかけるとはどういうことか」でのアドバイスありがとうございます。

これまで化学の基礎項目を中心に据えながら、IT・ツールの準備、明細書読み込みを念頭に学習を続けてきました。

興味のある分野の明細書を何件か読み、ノートを作成したり、調べ物をしたりしてみたのですが、単発の作業となってしまい、毎週毎日のペースに上手く組み込むことが出来ませんでした。

岡野の化学を一周した次のステップとして、動画で詳細に説明していただいた方法で
取り組みたいと思います。

今回はフッ素コーティング関連の明細書ですが、他の分野についても以下の作業を行い、物理などの基礎固めと並行していくルーチンを確立したいです。

1.岡野の化学の学習項目のキーワードと明細書検索を繰り返しながら絞り込み
2.対象明細書の整理(テキスト・図面のファイル、出力)
3.分からない用語を調べて知子の情報やXmindに記録
4.明細書の読み込み
5.対訳のある明細書英文の読み込み

今日は用語調べを集中して行いましたが、それだけでも裾野が広がっていくことを実感しています。深堀りの程度と使う時間も配慮しながら、横へ広がる知識と理解を積み上げていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US

IT機器メーカーの会社員です(営業・マーケティング職)。 退職したあとプロの特許翻訳者としてデビューするために勉強をはじめました。  2020年10月よりレバレッジ特許翻訳講座を受講しています(第10期生)。 理科の基礎知識から積み上げて、最終的には信頼される翻訳者になることが目標です。